福田辰男。32歳。今日、恋、はじめます。

森三中 大島美幸 映画初出演

福福荘の福ちゃん

  • 沖縄国際映画祭2014正式出品
  • ウディネ・ファーイースト映画祭2014正式出品
  • ドイツニッポンコネクション正式出品
  • ニューヨーク・アジアンフィルムフェスティバル2014正式出品
  • 台湾・台北映画祭2014正式出品
  • ファンタジア国際映画祭正式出品
  • レインダンス映画祭2014正式出品
  • 香港アジア映画祭2014正式出品
  • ハワイ国際映画祭正式出品
  • 監督・脚本:藤田容介「全然大丈夫」
  • 大島美幸(森三中)
  • 水川あさみ
  • 荒川良々
  • 芹澤興人
  • 飯田あさと
  • 平岩紙
  • 黒川芽以
  • 山田真歩
  • 徳永ゆうき
  • 真行寺君枝
  • 古館寛治
  • 北見敏之

11.8(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー!!

ちょっぴりシャイで、ぽっちゃりブサイク!!福田辰夫。32歳男(通称:福ちゃん)。人生初のモテ期、到来!?

Introduction

本年度主演男優賞最有力?! 森三中 大島美幸 映画初主演作!!

主人公・福ちゃんを演じるのは、お茶の間の人気もの森三中・大島美幸。初の映画主演作となる本作では、なんとおっさん役に挑戦。役作りの為に、頭を刈り上げ坊主頭で撮影に臨んだ。福ちゃんの初恋の人・千穂には水川あさみ。そして福ちゃんの親友・シマッチには荒川良々と夢のキャスティングが実現。

日本公開前からイギリス、ドイツ、イタリア、台湾などでの上映が続々決定!!世界12の映画祭に正式招待!!〈福ちゃん〉が国境をこえて世界中の観客を笑顔にする!!

監督・脚本は、『全然大丈夫』(08)など、その独特なセンスとユニークな人物造形で日本のみならず海外からも注目を集める気鋭・藤田容介。本作は自身6年ぶりの完全オリジナル長編作品となる。本作は、日本での公開に先駆け、沖縄国際映画祭をはじめとした全世界12の映画祭に正式招待されるとともに、すでにイギリス、ドイツ、イタリア、台湾などでの劇場公開が決定。言葉や文化をこえ、世界中の観客を魅了する〈たっぷり笑えて、ちょっぴり泣ける、そしてなんだか懐かしい〉魅力溢れる作品が誕生した。

Story

福ちゃん(大島美幸)は、ちょっぴり愛おしいはみだし者たちが集まる、ボロアパート「福福荘」に住む塗装職人。上京してから十数年、ずっと福福荘に住み、同じ仕事を続けてきた。昼間は仕事で汗を流し、夜はアパートの住人どうしのトラブルを解決、休日には近くの河原で趣味の凧あげに精を出す、そんな毎日を送っている。誰にでも親切をふりまく人気者の福ちゃんだが、恋愛にはオクテで、実はかなりの女性恐怖症・・・。なにかと福ちゃんと気に掛ける親友のシマッチ(荒川良々)がせっかくセッティングしてくれたお見合いの場も台無しにしてしまう・・・。そんなある日、福福荘に見知らぬ美女が訪ねてくる。その名を聞き、驚く福ちゃん。それは十数年ぶりにあう初恋の人・千穂(水川あさみ)だった。福ちゃんを女性恐怖症にしてしまった中学校時代の事件について謝りに来たという千穂。最初は彼女を突き返してしまう福ちゃんだったが、カメラマン修行中という千穂に次第に打ち解けていくうちに、彼女への恋心を募らせていくのだった・・・。

Comment

福田辰男 役 大島美幸さんコメント「オファーを受けて、単純におもしろそうだと
思いました。普段からコントで男役をよくやっていて、坊主にしなくても男みたいだと言われるし、逆に女性役のほうが難しくて男役のほうがすんなり入ってくるので男役で良かったです。初主演ですが、気負わず、楽しんでいきたいと思います。」
杉浦千穂 役 水川あさみさんコメント「(ご自身の役柄について)千穂はとても素直で純粋ないわゆる普通の女性だけど、過去の福ちゃんをいじめてしまった思い出の贖罪から大人になって再び会う福ちゃんに会い彼の素敵な心に人間として惹かれていく女の人です。なんでもないとりとめのないおもしろい会話のやりとりが続くお話ですがその奥底にそれぞれの細かい心情がいろいろ綴られている印象です。(撮影についての意気込み)兎に角楽しみ。個性豊かな役者さんの中で自分もどういった個性でその場にいられるのかが課題かなと。皆で楽しんでお芝居できたらいいなと思います。」
シマッチ 役 荒川良々さんコメント「藤田さんの作品には特別な思いがあります。もしも自分がトム・クルーズみたいな大金持ちになったら、藤田さんに自分が出演しなくてもいいのでプロデューサーになり映画を撮ってもらいたいと思う位好きなのです。なので今回また藤田組に参加させてもらえるのは自分へのご褒美だと思っています。今から楽しみで仕方ありません。」
藤田容介監督コメント「女が男を演じるという映画を作ります。危険な賭けですが、大島美幸さんなら大丈夫です。先日、リハーサルをして確信しました。ヒロインは、水川あさみさん。最高のツーショットが撮れそうです。主人公の親友役は、僕が絶大な信頼を置いている荒川良々君。大島VS荒川のかけあい、面白くないはずないです。他にも、ひとクセもふたクセもある役者さんが、ごっそり出演してくれます。おかしくて哀しい人間喜劇です。御期待ください。」