イントロダクション

エリザベス王朝の愛と陰謀が交差する〈文学史上最大の謎〉がいま暴かれる。

18世紀以来語られてきた“シェイクスピア別人説”、そのあり得たかもしれない真実を大胆に描いた第一級の歴史ミステリー

史上最高の劇作家ウィリアム・シェイクスピア。しかし、その生涯は謎に包まれている。彼が残した戯曲37作品、ソネット154篇、物語詩数編は、英語における究極の表現として知られる。にも関わらず、シェイクスピア本人による自筆の原稿はこの400年もの間、何ひとつとして見つかっていない。イングランドの田舎町ストラトフォード・アポン・エイヴォンに生まれ育ち、高等教育を受けた形跡もない彼が、何故あれほど深い教養を持ち、宮廷の事情にも通じていたのか? もしかしたら傑作といわれる戯曲、詩の数々の作者は別にいたのではないか?
この“シェイクスピア別人説”は、18世紀に始まった論争で、誰がシェイクスピアだったのか数々の説を生みながら、今なお批評家たちの心をとらえ続けている。論争はアカデミックな分野だけではなく、精神分析学者のフロイト、作家のマーク・トウェイン、映画人ではチャーリー・チャップリンやオーソン・ウェルズといった著名人も関心を寄せ、彼らも“別人説”を支持してきたのである。
映画は、別人説の中で、現在もっとも有力とされている“第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア”が真の作者ではなかったか、という説に立ち、なぜ彼がその真実を隠さねばならなかったのか、その謎に迫る。 そこから浮かび上がるのは、数奇な運命に翻弄された悲劇の男の物語。第一級エンタテイメントとして堪能できる歴史ミステリーがここに誕生した。

巨匠エメリッヒと脚本家オーロフ、二人の長年の夢が生み出したもうひとりのシェイクスピアとその時代。

この〈文学史上最大の謎〉に挑んだのは、『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』、『2012』など数々の大ヒット作を送りだしてきた巨匠ローランド・エメリッヒ監督。意外な名前かもしれないが、実はエメリッヒ監督にとっては、本作の実現は10年以上も前からの夢。
脚本のジョン・オーロフからこの別人説を聞き、“シェイクスピア劇のドラマの要素がすべて入った凄い映画になる”と思い製作を決意するものの資金調達が難航、自らの作品の商業的成功により、ようやく企画を実現したのである。一方、脚本とともに製作総指揮にも名を連ねるオーロフは、大学院生の頃から、この題材を25年も研究し続けていた。
この二人の出会いによって、「ハムレット」「マクベス」、「ロミオとジュリエット」、「ジュリアス・シーザー」、「夏の夜の夢」、「リア王」などシェイクスピアによる数々の戯曲とエリザベス朝の隠された愛と権力闘争を鮮やかに絡み合わせた脚本が完成。さらにエメリッヒの真骨頂といえる16世紀末のロンドンの街並みを見事に再現したVFX、ディテールにこだわり抜いた時代考証による美術や衣装など、すべてに磨き抜かれたプロの技で“もうひとりのシェイクスピア”の生涯に迫り、アカデミー衣装部門ノミネートのほか、ドイツ・アカデミー賞では撮影、編集、美術など6部門の受賞に輝いている。

  • 戻る

滋味に富んだ英国演劇人の底力とハリウッド期待の美しき若手が魅せる鮮やかなコラボレーション。

オックスフォード伯を演じるのは、『ノッティングヒルの恋人』や『アメイジング・スパイダーマン』などのリス・エヴァンス。これまで映画では喜劇や悪役で高く評価されてきたエヴァンスだが、ここでは舞台出身の底力を見せ、ペンの力に憑かれ禁断の愛に翻弄される悲劇の貴族をノーブルに演じた。かつては彼を愛し、今や大英帝国の黄金時代を築いたエリザベス1世には、『ジュリア』、『ジュリエットからの手紙』の名優ヴァネッサ・レッドグレイヴ。実の娘ジョエリー・リチャードソンが若き日のエリザベスを演じているのも見物である。
またオックスフォード伯の義父でエリザベスの宰相ウィリアム・セシルには『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・シューリス。そして現代から16世紀への案内人に扮するのは自ら“シェイクスピア=オックスフォード伯説”を支持する当代きってのシェイクスピア俳優デレク・ジャコビと、ため息の出るような英国俳優の競演となった。さらに輝かしい若さで、名優たちの演技に劣らない華をスクリーンに咲かせているのは『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のジェイミー・キャンベル・バウアー、『エクリプス/トワイライト・サーガ』のゼイヴィア・サミュエルらハリウッドが熱い視線を送る若手俳優たち。彼らが演じる美しき貴族たちの運命もこの歴史ミステリーの重要な道具立てである。

  • 戻る